E:外向

N:直観

F:感情

J:判断

人々を勇気づけ奮い立たせるファシリテーター。存在そのものがコーチ

16の性格タイプ一覧

伝統G

  • ESTJ
  • ISTJ
  • ESFJ
  • ISFJ

ENFJの概要

ENFJは、人々を支えるリーダーとしての役割を楽しみ、その才能は日常生活から仕事、学びの場に至るまで自然と発揮できます。ENFJは、人々が自分の提案に心から賛同し、共に目標に向かって努力することを望みますが、その過程で人々を尊重し、魅力的な振る舞いでそれを実現します。

カリスマ性が抜群

ENFJが持つ特別なカリスマ性は、周囲の人々を自然と惹きつけ、一緒に働きたいと思わせる力があります。ENFJは集団の調和を深く大切にし、自らが先頭に立ってその調和を生み出すために積極的に協力します。このようにして、ENFJは、周囲の人々と共に成長し、互いに支え合う充実した人生を目指します。

面倒見がいい

ENFJは総人口の5%を占め、人間関係を何よりも大切にし、常に他人を優先に考える性格です。この深い共感能力は、相手の気持ちに対して強い責任感を抱かせ、時にはその重さが負担になることもあります。

ENFJは、細やかな配慮を持ってコミュニケーションを取り、自ら人間関係を築こうとします。この姿勢が、周囲の人々を引き寄せ、彼らが助けや慰めをENFJに求める理由となります。

いつも忙しい

しかし、こうした周りからの期待がENFJの受け入れることができる限界を超えてしまう場合もあります。限界を感じたとき、ENFJは自分が断ることが苦手であることに気づきますが、要求が非常識であっても、なかなか背を向けることができません。

また、単純に時間的、体力的に余裕がない場合でも、その人との関係性に見合わないほどの罪悪感を感じることがあります。ENFJは、他人への深い思いやりと共感から生じるこの葛藤を抱えながら、日々を過ごしています。

その高い共感能力と人間関係を重視する性格から、日本社会でも特に重要な役割を果たしています。しかし、この性格特性は日本の労働環境や社会的期待と組み合わさることで、特有の課題を生み出します。

持ち前のアツさがトラブルを生む

ENFJは、目標に向かってチームを鼓舞し、高いモチベーションでプロジェクトを推進する力があります。

しかし、その熱意があまりに強いあまりに、プロジェクトの計画が現実的な時間枠やリソースを超えていることに気づかないことがあります。

それでもENFJのリーダーは、目標達成のためにはどんな犠牲も厭わない姿勢を示すことがあり、これがチームメンバーに過剰な負担を強いる結果となることもあります。

ENFJの人々は、人々を励ますことや集団の調和を重んじますが、その強いベンチャー精神と楽観主義が、チームメンバーの疲労や懸念を見過ごす原因となることがあります。

プロジェクトに対する熱意を共有し、チーム全体を前向きに導こうとする中で、個々人の限界や不安を十分に理解し、対処することがおろそかになることがあります。この結果、メンバーは自身の本音を抑え、無理をしてしまうことで、チーム全体の健康と効率性が損なわれる可能性があります。

人の意見にじっくりと耳を傾ける

ENFJの人々がこれらの課題を克服するためには、目標に対する情熱を持ちつつも、チームメンバーの意見や感情に耳を傾け、本当の能力と限界を現実的に評価することが必要です。

特に、プロジェクトの進行に当たっては、現実的な期待値を設定し、適宜フィードバックを受け入れる柔軟性も重要です。

ENFJのリーダーは、チームメンバーと共に、健康的かつ持続可能な方法で目標達成を目指すことができます。